自分はウェブ系プログラマーなので、プログラム組んでやってみた。
phpとmysqlが使えるレンタルサーバーで簡易的なものを作った。

DBは、
◆装備品マスター
装備ID
名称
性能
オグメ
ジョブ
部位(装備スロット16種)
預り帳種類(AF・RE・EN・アンバス)
ストレージ場所(倉庫-2、収納-1、ストレージ番号0~4)

◆装備品セット
セットID
装備セットNo
名称
使用するジョブ
区分(装備セットで使うのか、マクロ内で使うのか)
合計数値を出したいプロパティ(命中,攻などとカンマ区切りで書き込むとそれぞれの合計数値を計算する)
各部位(装備スロット16種分)
その他自由に数値入力できる枠(コンビネーション、食事、支援等)


取得した装備は随時装備マスターに登録する。
それを装備品セットの方で、割り当てる。装備セットNoを入れれば装備セットとして登録、マクロ内で部位着替えで使う場合は区分で判断する。

◆各数値が合計で出る
命中やストアTPなど、知りたい数値が合計で出る。
「◯◯+△%」のような形でスペースまたは改行区切りになっているので、分解して合計を出すのはたやすい。
ペットやコンビネーション、ユニティランクなど、形が違うものは計算ができないので、オグメ枠に無理やり追記したりする。

ペット:命中+30 攻+30→ペット:命中+30 ペット:攻+30
または、装備品セットの自由枠に自分で計算して都度入力する。

◆装備セットの管理
装備品セットを何にどれだけ使っているのかも分かる。
もう使わないものを消したり、複数のジョブで共有できそうなものをまとめたり、装備セットの空きを作るのに大変役立つ。

◆装備の使用/未使用が分かる
また、装備品セットで登録したものは使用するものなので、装備品マスターの方で「使用/未使用」で検索ができる。
すると、未使用のものは捨てたり倉庫へ送ったり。
倉庫でダブったものはリクレームしたり。
結構使いやすい。

◆装備の出し忘れがなくなる
装備品マスターで預り帳区分を設けているのは、久しぶりなジョブへチェンジの時、何を使ってたっけ!?となるので、「預り帳」というページを作って、ジョブを選択すると使用している装備が預り帳別に表示される。

AF:
頭 IGバゴネット+1(アブゾ系、ドレイン・エンダーク、タック)
胴 IGキュイラス+3(トア、レゾ)・・・

カッコ内は装備品セットで登録した名称。
何に使っている装備なのかが分かる。
「今回はショックウェーブ使わないから、フラマ胴はいらないか」という判断もできて良い良い!

預り帳以外のものは、その他として同じように出てくるので、収納にしまいっぱなしで持っていき忘れることもない。


システムはメイン用に一つ作ってしまえば、2垢さんのはコピーで作ったり、余裕があればキャラフラグを設ければいくらでも増やせる。

10年ぶりさんのエクセル(スプレッドシート)は使いやすいが、自分が何を持っていて使っているのかという判断ができないので所有装備管理は自分のでやり、持ってない装備で妄想(シミュレーション)するのはスプレッドシートでやっている。


プログラマーを職としていて、趣味でもやるという。
趣味でやって楽しいので職になり、楽しいからどんどん覚えるし仕事にも生かせる。
仕事の為にもなっている^-^