答える方の時間(時間は命と同じです)をいただくのですから、まずしっかり情報を読み込んでから質問してみてください。
答える方たちへのそれが敬意ではないでしょうか。

尊敬する方の言葉を一部抜粋。
教えてクレクレ君の多い世の中よ。