▼厚生労働省・経済産業省・消費者庁合同のポスターへのリンク
https://www.meti.go.jp/covid-19/mask.html

▼そのポスターのPDF
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/cough_etiquette.pdf
1

  1. 表面は汚れている、触らない
    飲食する時に付けたり外したり、めっちゃみんな触ってますがな。
    汚いマスクをテーブルに放置したりしてますがな。

  2. 感染者(陽性者)→→陰性者、飛沫防ぐ効果は期待できない
    感染者と陽性者をごっちゃにしているけど、3.4.をわざわざ書くという事はこれは無症状者ということだろう。
    更に飛沫って書いてあるけど、飛沫核のウイルス移動ってことだと思うが…。こういうあいまいな表現をするから人は勝手な解釈をして思い込みに走るのだよ。それが上様の狙いなんだけど。
    マスクをしていても、陽性者からのウイルス移動は防げないということ。

  3. 症状がある人がマスクを付ける→→感染させないために有効
    風邪の症状がある人は、マスクを付けましょうね♪ってこと。
    新コロ以前からなんも変わってない、風邪をひいた時の行動。

  4. 自分が予防の為にマスクを付ける→→相当混み合っていない限り、予防効果はあまり認められない
    風邪の症状がある人から、自分の身を守るために自分がマスクを付けるというのは激混み密着状態じゃなければ不要だよってこと。
    病人に食事を届けたりする時には不要だけど、近くで汗を拭いてあげたり抱きかかえて起こしたり…そういう時にはマスクを付けた方がいいかもしれないよってことね。

結論:
1.マスクは雑巾!触らない!
3.マスクは風邪の症状のある人が付ける!

(昔からそうでした)