ちゃんと仲良く住み分けすれば正しく健康でいられるんだなぁと思った。
西洋医学
外的損傷を治すもの。救急医療。

東洋医学
免疫を正常化するもの。風邪とかアレルギーとか。

量子医学
体の内から発生する病気を治すもの。自然治癒力。

※アーユルヴェーダ・チベット医学などは東洋医学に含まれるのか、西洋医学以外をすべてまとめて量子医学というのか…?

ーーーーー

ココから思ったことをダラダラと書く。

西洋医学の得意分野は肉体修理。
肉や骨や組織を完璧に組み立ててもそれだけではただの人形で、命を作ることはできない。

量子医学はオカルト・トンデモ医学と言われるが、中には魂を扱うスピ的なものも多いからだと思う。

しかし、傷口を縫い合わせてもくっつくかくっつかないかは自然治癒力。
生きている(命がある)から自然治癒力は存在する。
死んでいたら自然治癒力は存在しない。

肉体と魂を分けて考えないといけないんでは?

西洋医学=肉体
量子医学=生命

なぜ病気が内から発生するのか。
体は、日々体に取り入れているものからできている。
空気・水・食べ物・電磁波・感情(対人関係等)…。
そして万物は波動エネルギーである。(アインシュタインの公式E=mc²)

今日はここまで!

今まで気の流れとかそういうものは訳が分からないので考えないようにしていたが(知らないので否定もしない)、面白くなってきた。
という自分は医者でも科学者でも政治家でもなければただのサムライもとい、SE兼プログラマーです♪