ひろゆき氏の切り抜き動画を見ました。
https://www.youtube.com/watch?v=W0WM0nmN9lM
動画内で広島の原爆1000個でも足りない、と言っています。
これについて調べました。

3.11当時から66年前に広島に原爆が落ちました。
その頃はというと、テレビは白黒、もうこの時点で今よりも科学力は物凄く低いと分かるわけですが、1945年の広島原爆から19年後の1961年に公開されたソ連の水爆ツァーリ・ボンバは広島原爆の約3,300倍の威力がありました。

広島原爆の威力(15kt)を基準とすると、
M7.3の阪神淡路大震災は原爆90個分、M9.0の3.11は原爆32,000個分なのでとてつもないように思えますが、3.11から50年前にはすでに、原爆3,300個の威力のある爆弾が存在しました。
水爆を基準とすると、
阪神淡路大震災は水爆の3%、3.11は水爆10個です。
その50年後ならば桁違いの爆弾ができていても不思議ではありません。
ひろゆき氏の主張は「現実的ではない」でしたが、明らかに可能レベルです。

https://www.youtube.com/watch?v=8MCklxQE_x4
更にこちらの動画内では現在の技術でも震度1~2の地震もしかしたら震度3くらいまでは「がんばれば」可能、と言っています。

3.11から27年前の読売新聞の記事です。ひろゆき氏の発言から37年前になります。
新聞
関東の3つの大学が行った人工地震の実験で、予想外に震度4~5のおっきい地震が起きちゃったよ!という内容です。
その頃は人工地震は当たり前の情報でした。

頭がいいひろゆき氏がまさかこれらを知らないわけはありません。
しかし、一般人には分かりませんから、「頭もよく知名度のあるひろゆき氏が言っているんだから正しい」と判断することを知っています。

さらに、人工地震と自然地震には波長にはっきりとした違いがあります。
気象庁の資料にもありますが、自然地震は最初は小さい波が続いてから大きい波が来て収まっていくという特徴があります。しかし人工地震は最初にドン!と大きな波から始まって次第に弱くなっていきます。
3.11は最初に大きな波がある波形だったことが分かっています。つまり知っている方からすれば明らかに人工地震の波形です。

しかし、知名度を生かして御用丸出しの発言を繰り返している人たちは、気が付いた一部の人間よりも気が付かない大多数の人間の力の方が大きいことを知っているので、必死こいて隠し通そうとしています。

2011年の世界フィギュア選手権は日本で行われる予定でしたが、地震によりできなくなりました。
それを代わりに引き継いでくれたのがプーチン・ロシアです。
その開会式のセレモニーでは着物を着て演奏をし、日本を応援する詩とともに映像が流れました。そしてその中に最初が強い波形がありました。人工地震の波形と似ています。

しかし、フジテレビ等日本のメディアはそれらを一切カットし、キムヨナ特集に切り替えたため、公共放送でロシアからの映像を日本人は見られませんでした。

ーーーーー

自分も以前ならば、同じ人間がそのようなひどいことをすることは絶対にない!と信じ切っていましたが、いるのです。
日本人は他人の物を奪って生きるという民族ではありません。自分たちの土地で田畑を耕したり海のもの山のものをとって生活してきました。
しかし、騎馬民族は違います。人のものを奪って自分のものにするのはごく普通で、他民族大虐殺も当たり前に行います。
治安が悪いとかそういうレベルの話ではなく、そもそもの考え方や生き方が違うのです。

それが誰なのか、何の目的があるのかという点は長くなるのでここまで。
キーワードはグローバリスト。

ーーーーー

自分が世の中の嘘に気が付いたのは、自分がオタク丸出しでゲーム好き過ぎて大学の卒論(卒業制作)にもゲームを題材にし、オタクゆえの技術の高さから(内容は薄い)その作品が展覧会に出展され…。完全にオタクです。
オタクなので?気になることは気が済むまで調べたからです。
調べすぎて一時期は陰謀論にハマりそうになりましたが、その陰謀論さえも彼らの思惑のうちだと分かり、その先を調べてやっと嘘に気が付き始めました。

ひろゆき氏は頭も良く面白いのですが、それを利用して信者には見破れないでっかい嘘をぶっこんでくるので、そういう目線で分かって楽しまないと危険でしょう。